アルファロメオ 33TT12

Sponsored Link

【モデル名】 アルファロメオ 33TT12
【メーカー】ソリド(フランス製)
【スケール】1/43
【品  番】 Ref 41
【発  売】 1976年

 

%A5%A2%A5%EB%A5%D5%A5%A1%A5%ED%A5%E1%A5%AA%A1%A1%A3%B3%A3%B3%A3%D4%A3%D4%A3%B1%A3%B2.jpg

%A3%C1%A3%CC%A3%B1%A3%B7%A1%DD%A3%B2.jpg
%A3%C1%A3%CC%A3%B1%A3%B7%A1%DD%A3%B3.jpg

1967年にデビューしたアルファロメオ33は、同じ車名

とはいえその変遷でボディや排気量に限らずエンジンも

V8から水平対抗12気筒、最後はターボ付きに、また

シャーシ構造も数回変わるといった形でした。

そんな中で成功を収めた年の一つが1975年であり

当時、別名”バットマンカー”と呼ばれた33TT12で

アウトデルタ」のワークスではなく、wカウーゼンの

プライベートチームに貸し出される形ながらメイクス

選手権でアルピーヌに圧勝して王座を獲得しました。

ソリドのモデルは、当初バットマンカーのデビュー年

である1973年型が予告されていましたが、76年に

この75年のニュルクブリンク1000kレースのウイナー

である「カンパリ」号で発売されました。

リアカウルが開閉してフラット12が再現されています

が、V型に比べると見栄えのしないエンジン形式でした

から見せ場的に弱いのが惜しかったです。

 

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA