アルファロメオ 33/2”ペリスコプ”

Sponsored Link

【モデル名】 アルファロメオ 33/2”ペリスコプ”
【メーカー】マーキュリー(イタリア製)
【スケール】1/43
【品  番】 64
【発  売】 1968年

 

al14.jpg

al14-2.jpg
al14-3.jpg

1960年代後半から1970年代中盤までの一連のアルファ

のレーシングスポーツ”33”の最初のモデルがこの俗に言う

33/2”フレロン”です。エアインテイクが特徴的な形をして

いる関係から”潜望鏡”=”ペリスコプ”とも呼ばれています。

TZ系の活躍に気をよくしたアルファ上層部が、打倒ポルシェ

を目指し開発したV8・2000ccのレース専用車でしたが

デチューンし専用ボディを載せたロードカーも18台作られ

ています。

マーキュリーの33/2は、実車のデビュー当時この初期型

をモデル化しております。最近、M4社が現代基準のモデル

を発売するまでは、ほぼ唯一のモデルでした。

マーキュリーなので、少々大きめで、大味な作りですが

フレロンの特徴を捉えており、前後のカウルとドアが開閉

いたします。実車の特徴であった”潜望鏡”スタイルのインテイク

と干渉を避けるために特徴的な形となったオーバーロールも

再現されています。

今回ご紹介のモデルは”9”のゼッケンシールですがゼッケン

違いのバリエーションが複数存在する様です。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA