アルファロメオ  アルファ33(1983)

Sponsored Link

【モデル名】アルファロメオ アルファ33(1983)

【メーカー】ブラーゴ(イタリア製)

【スケール】1/43

【品  番】4124/4193

【発  売】1986年

 

IMG_1793.JPG

 

IMG_1794.JPG
IMG_1795.JPG
IMG_1796.JPG
IMG_1792.JPG

約1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。

ネタはあれどもヒマなしといった所でしょうか。

今回は、これまでにもフィアット系でご紹介した

チープ系ですがブラーゴの1/43 の33です。

一時は日本でも専門店やおもちゃ屋といわず

雑貨屋やお土産屋あたりでも見かけた

ブラーゴの1/43です。イタリアを中心とした

ヨーロッパでもキヨスク=駅売店でも必ず

見かけた手頃なチープ系ミニカーでした。

実車は、アルファスッドの後継車として

1983年にデビューしてますが、当時の

アルファロメオの財政状況を繁栄して

基本的にボディを更新しただけといって

良かったかと思います。

ブラーゴは、ジュリエッタをモデルで

パトカーなどバリエーション展開していた

ので、その後継車のポジションで発売

されました。この頃のブラーゴは

1/43は1/24が先にモデル化され

その設計図を使った簡略版といった形

でしたので、この33にも1/24が

発売されています。自分も確か持って

いたと思うのですが、現在実家の倉庫

に大半を写してしまった状況なので

今回は1/43のみのご紹介となります。

この33は、発売当初はウエストライン

から下はドアの部分などもプラスチック

のパッドで被われたデザインでしたので

ブラーゴのモデルも下半分がシャーシと

一体の黒いプラスチックパーツに上半分

のダイキャストボディが組み合わされています。

1/43モデルは、今回ご紹介の赤/水メタ

の様に基本2バリエーション展開でした。

本来の水メタは、ブラーゴお約束の

シールが貼られていたのですが、

あまりカッコよくない仕様でしたので

剥がしてしまいました。 赤ボディの方も

実際にあったものでは無く、それらしい

ロゴとステッカーを集めてきただけの

雰囲気ですね。

チープで、大雑把な作りでもブラーゴ

らしく、カチッとした作りで後から

販売された中国製で最近のスタンダードの

ペゴとは違って 、ある意味、実車ぽい

雰囲気を感じませんか?

そんな所がこの頃のブラーゴの魅力であり

度々ご紹介している所以かもしれません。

では、また次回。(2012年9月22日)

 

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA