フィアット リトモ アバルト”totip”

Sponsored Link

【モデル名】 フィアット リトモ アバルト”totip”
【メーカー】Bブラゴ(イタリア製)
【スケール】1/24
【品  番】 0168
【発  売】 1981年

 

Image032.jpg

Image033.jpg
Image034.jpg

1978年にデビューしたリトモは、早速同じ年のジロー・デ・イタリアに

特別チューンの1500ccエンジンを積んでデビューしましたが、その

あとも131アバルトの後継車になるべく、リトモのラリーバージョンが

開発され、1980年モンテカルロでは、ワークスカーが6位に入賞する

所まで行きました。しかしながら、結局のところ1983年からグループB

規定が発行されることによりアバルトはランチアラリー(037)の開発

に進むのですが・・・

このブラーゴのリトモは、ノーマルバージョンからの追加仕様ではなく

最初からアバルトのラリー仕様に開発されましたので、ホイールアーチ

のブリスターもシャーシ一体でしっかりと表現されているだけではなく

シャーシとホイールもそれに合わせて面が合うように設計されていました。

内装パーツもバケットシートとリアはむき出しの内装・ロールケージ

助手席にはラリーコンピュータらしきものといった感じです。

TOTIP仕様のカラーリングですが、ブラーゴでは珍しく、1983年の

サンレモラリーと特定されてますが、上位のリザルトに残って

いないので、正確な成績はわからない状態です。

 

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA