ランボルギーニ ハラマ ベルトーネ(1970)

Sponsored Link

【モデル名】ランボルギーニ ハラマ ベルトーネ (1970)

【メーカー】ポリトーイ (イタリア製)

【スケール】1/43

【品  番】M−25

【発  売】1971年

 

IMG_1773.JPG

 

IMG_1774.JPG
IMG_1775.JPG
IMG_1776.JPG
IMG_1777.JPG

ちょっと時間を置いての新規アップとなりました。

2012年の盆休みは、休日はまとまったものの

スケジュールの都合で細切れの日々を満喫しています。

前回のアバルト695フェラーリが最新モデルでした

ので、今回は古めのモデルでもと思ったら、少々

お時間かかってしました。よくよく見てみたら

ランボルギーニのご紹介は久々となってます。

ポリトーイのネタも500番台のご紹介したいモデル

はだいぶしてしまったので、60年代末からの

Mシリーズが増えてきてます。このMシリーズの

2桁番台のご紹介では、毎度の話になってしまい

ますが、 このハラマはこの時代のポリトーイの

典型的な作りのひと言です。実車もエスパーダと

一緒で低くて幅広くのっぺりとした感じなんですが

ポリトーイは更に車幅を広くとって、のっぺり感を

強調した作りになっています。

先日、ご紹介したパンテーラは車高がちょっと

高めで 塊感のある作りになっていたのに対して

対照的です。アクションはボンネット/ドア/

トランクと標準的な作りですがボンネットと

トランクパーツはマットブラックの塗装になって

いて、ワンオフで作られたレーシングハラマの

雰囲気になっています。

実車は、以前ご紹介した イスレロの後継車

なので、ある意味ランボルギーニ操業時からの

本流のモデルですが、ちょっと影が薄い感じ

はいなめないでしょうか?創業者 フェルッチオ

も70年代の中盤に経営から身を引いてしまうと

後継車も無しという解りやすさは、会社運営上

でもそんなに利益をあげていなかったのでしょうか?

このハラマもミニチャンプスの怒濤のランボ

ラッシュの時に製品化されているので、

現代基準のモデルはそちらで充分満足されて

いるかたも多いかと思います。

やはり、この時代のポリトーイはディフォルメが

ちと派手=自分のコレクションケースでも他の

モデル群から浮いている感じなんですよね。

月2回アップのペースが定着してきましたが、

新旧のモデルを取り混ぜて、出来るだけ見慣れない

モデルをご紹介できたらと思って続けてゆきます

ので、今後ともご愛顧のほど。

(2012年8月16日)

 

 

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA