フェラーリ 512M SUNOCO (ルマン71)

Sponsored Link

【モデル名】 フェラーリ 512M スノコ
【メーカー】ソリド(フランス製)
【スケール】1/43
【品  番】 Ref 197
【発  売】 1972年

 

%A5%D5%A5%A7%A5%E9%A1%BC%A5%EA%A1%A1%A3%B5%A3%B1%A3%B2%A3%CD%A1%A1%A3%D3%A3%D5%A3%CE%A3%CF%A3%CB%A3%CF.jpg

%A3%E6%A3%E5%A3%B4%A1%DD%A3%B2.jpg
%A3%E6%A3%E5%A3%B4%A1%DD%A3%B3.jpg

このブルーメタリックのフェラーリは1971年のルマンに

出場したセミワークスチームのNART(ノースアメリカン

レーシングチーム)のモデルです。この年のルマンには

フェラーリはワークス出場せず、プライベーターにこの

512Mを託したのですが、その中でもっとも有望とされた

のがこのNARTのスノコフェラーリだったのです。

しかしながら6時間後にエンジントラブルでリタイヤとなり

2台のポルシェ917kに続いて3位に同じくNARTの

12号車が入ったのが最上位でした。

このモデルも翌年の72年に発売されており、開閉

アクションは一切ありませんが、プロポーションが

良く、近年のブルム社製のモデルと比べても

ほとんど見劣りはしない感じです。

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA